やらてょんろぐ

やらてょんのタイピングブログだよ

RTC 2019 に向けた練習計画

この記事は タイパー Advent Calendar 2018 12日目の記事ですが、自分の話しかしません。

今年も REALFORCE TYPING CHAMPIONSHIP (RTC 2018) が開催されました。

www.realforce.co.jp

www.youtube.com

正確性を重視したのが功を奏して3位になることができました。「なんであいつが」と思われる方もいるかもしれませんが、大会は面白かったと思うので許してほしいです。来年はもっと目立ちたいので優勝に向けて練習の計画を立ててみました。

方針

RTC 2019 は JIS かなで参戦する予定です。優勝するには miri さんに勝つ必要があるわけですが、ローマ字で 1100kpm を安定して出せるようになる自信は僕にはありません。一方 JIS かなであれば 700〜800kpm 出せればよく、ワード慣れすればワンチャンありそうな気がします。

次回もワードが本戦の1、2週間前には公開されると思うので、その期間内に 700〜800kpm まで持っていけるようにします。具体的には限られた期間中にワード慣れする練習として e-typing 腕試しを毎週やります。並行して、トップスピードを上げるために Weather Typing のワード1をやり込みます。

1年間の目標

f:id:nohtaray:20181209032012p:plain

エタイは各ワードやり込んだであろう night15 さんの記録 に対する割合で目標を置きました。WT は muller さんのレベル14を最終目標として、そこまでは適当に。途中の目標は実現性度外視で入れてしまいましたが、とにかくこのペースで伸ばさないと優勝はできません。

練習方法

エタイも WT も練習方法は同じで、1ワードずつ繰り返し打って打鍵を洗練させていく作業をしていきます。運指やチャンクの切り方*1を意識的に最適化していく感じです。しばしばゲシュタルト崩壊してくるので都度修正しながら、それ以上速く打てなくなるまでやります。

本番ではこうやって事前に組み立てておいた打鍵動作を引き出してきて再現するだけです。認識・組立・動作でいうと、打ち始めの数文字を除いて認識と組立をスキップできます。これでぼくでも 800kpm ぐらいは出せます。やったー。

問題はまだ一度に覚えられる打鍵動作が短くてワードの途中で途切れてしまうことです。時間をかけて練習すればいいのですが、そうすると期間内に全ワードをこなせません。毎週エタイをやり込んでこの練習にかかる時間を短くしていきます。

おわりに

こんな感じで、1年かけて優勝を狙っていきます。これで次回開催されなかったら悲しすぎるのでこれを読んだ人はリアフォ買ってください。今なら PayPay で 20% オフですよ。

(19/01/05 追記)

はやとぅさんが過去のエタイのスコアを集計したのを公開してくれました!感謝!

e-typingかなワード別歴代スコア - はやとぅっ!

*1:音節や文節で無意識に区切ってしまっているところを見つけてつなげていきます。具体例は paraphrohn さんの記事に詳しいです。 https://paraphrohn.hateblo.jp/entry/2018/12/08/220808